最近では商品の販売や宣伝によく営業マンからの電話がかかってきて自宅でも職場でも煙たがれていたと思います。
私自身も営業経験があるので、よく顧客アンケートや会社の既存客名簿などから電話番号を拾い出し、お客様がいる時間帯を狙って電話をかけて、商品の販売やイベントの告知などをしていました。
そんな状況も今の社会からは通用しなくなり、世間も手法が全体的にかわってきたのかなと思います。

ある日会社の固定電話に営業の電話がかかってきました。
営業の電話は今でもかかってくるので、そんなに驚くことではありませんが、私は電話で要件を聞いている際に電話機に表示される電話番号を机のメモ帳にメモする癖があり、その時も番号と会社名を手元のメモ用紙に記入しました。
投資?関係の営業電話でしたので、すぐお断りしました。
1週間程たったとき、一本の電話をとりました。
ふとメモ帳に目をやると、先回と同じ番号でした。
声は覚えていませんが、しつこくまたかけてきたのかと思ました。
しかし、向こうから言われた会社名が違っていました。
何故と思い、そのことを問いかけても濁わされてしまいました。
詐欺のような電話だったのでしょうか?不思議です。